ひまわり矯正歯科

■設計ノート
小山駅西口すぐ、南、西側が道路に面している4階建てのビルを改装した「ひまわり矯正歯科」の移転計画です。
1、2階が診療部門となっています。

外部は、既存外壁材の上から、塗装をやりかえ、サッシュも新しいものに取替えています。
建物は、メイン道路に面する間口に対して、奥行きが倍程度あります。
したがいまして、建物の奥行きのボリュ−ムを意識して、外壁の塗装パタ−ンを検討しました。

インテリアは、お子様はもちろんの事、女性の患者様も多いので、おしゃれな感じも大切に。
床や造付家具の色は統一して、シャ−プ感をだしながらも、緊張感を与えてしまう事はないように、配慮しています。
特に、待合室は落ち着いた雰囲気になるように、照明や家具のデザインをしました。

■データー
□2007年11月27日着工、2008年3月1日竣工

*

【左から1、2番目】
受付カウンタ−。
右側の壁のくぼみは、液晶TVがおさまります。
左手に見える2つの小窓は、歯ブラシ用ショウケ−スです。
【左から3番目】
受付カウンタ−から待合室側をみたところ。
左手奥がブラッシングコ−ナ−、その手前の白い扉がトイレです。
既存建物の面積の中で、動きやすく、かつ、多種の機能を無駄なくコンパクトにレイアウトするのは少し苦労しました。

*

【左から1番目】
1階診療室は、診察台が3台、各々はパ−テションで区切っています。
【左から3番目】
2階のカウンセリングコ−ナ−。
【左から4番目】
外観。1階部分は、白いタイルでクリアなイメ−ジ。2階から上は、左官の塗り壁で色分けしました。
左官は、光をやわらかく反射させるので、優しくおだやかな印象になっていると思います。

■ 改装前の建物の様子

*

ボタン